バルコニー防水塗装② 下地処理



朝からいい天気です。
バルコニーもほぼほぼ乾きました。

まずはコンクリート床面のひび割れをコーキングします。
ひびに沿って塗り、ヘラでひび割れに摺り込んでいきます。

表面に残っている分は平にならしておきます。

ひととおりひび割れをコーキング材で塞ぎました。

このコーキングが乾くのにも時間がかかるので、その間に昨日考えたエアコン室外機対策に必要な材料を買い出しに行きました。

買ったのは
・垂木 30×40×1800 ×2
・根太 52×40×910 ×2
・ナイロンロープ(太)
・ナイロンロープ(細)

室外機の上に垂木を置いてナイロンロープで縛り上げ、垂木の片側はバルコニーの手すり、他方は根太で作った支柱の上に引っ掛けてお猿の籠屋よろしく室外機を吊り下げようという計画です。

うまくいったらご喝采~

うまくいきました。
これでバルコニーの床面に残っているものはなくなり、一度に全面を塗ることができるようになりました。

室外機の下も潜り込んで作業することができる空間を確保できています。

準備万端。

夕方までコーキングの乾燥を待って、いよいよプライマーを塗っていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする