止水栓の蓋をミニブリックで囲う



家の周囲に雑草の抑制効果があるジャリを撒いていますが、水道の止水栓が埋もれてしまうため、そのあたりは薄く撒いていたので案の定雑草が生えてきました。

そこで水道の止水栓の蓋を何かで囲って、もっとジャリを撒いても埋もれないようにしようと思いたちました。

まずはサイズを計測。

内寸250×385mmといったところでしょうか。

さて、何で囲おう。

木ではないよね。鉄でもない。腐る錆びる。
ステンレスは加工が面倒だし、アルミ?
アルミでもちょっと面倒だし意外と値が張る。
プラスチックも紫外線や酸性雨が当たる場所だと経年劣化するし。

レンガで囲うか。
ちょっとでか過ぎかなぁ。はみ出したらカットしないと格好悪いだろうし。

なかなかいい答えを見いだせないので、ホームセンターで物色することに。

小一時間うろついて見つけました。
カインズ、いつもありがとう。

ミニブリック
レンガのちっちゃい版です。

サイズは約100×60×50mm。
15個で周囲を囲めそうです。
3色あるので5個ずつ買うことにします。
1個68円也。

当初は寝かせて並べて蓋から1~2cm高い壁ができればいいかな、と思っていましたが、その程度だと付近を歩いただけですぐジャリが乗り越えてしまうので、立てて並べることに。

で、こんな感じになりました。
想像以上におしゃれになったかも。

1000円少々でおしゃれになるならジャリの問題がなくても囲ってみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする