ノイズキャンセリングヘッドホン MDR-NC31EM



Xperia Z3は音がクリアで気に入ってます。
単体でハイレゾに対応しているしステレオスピーカーが正面にあっていい感じ。

ノイズキャンセリング機能もついているのは気になってはいました。

普通のヘッドホンでも不便を感じる手合いのものではないのでなかなか手が出ない商品でしたが、だいぶ安くなってきましたので購入してみました。

自分は黒。うちは嫁さんもXperiaZ3のホワイトなので白も入手。

これまで使っていたMDR-EX450よりコードは太いしL型プラグじゃないしハウジングは大きいし、だいぶ使い勝手は落ちてしまいます。

それらを補って余りあるノイズキャンセリング効果が果たしてあるのだろうか。

さっそく設定を変更して聴いてみようではないか。

設定>音と通知>アクセサリー設定>ヘッドホン

設定>音と通知>アクセサリー設定>ノイズキャンセル

ここでON/OFFすると効果が確認できます。

特に地下鉄に乗っているときは効きめ絶大です!

音量を1段階下げても快適に聴けます。



しかし。

このヘッドホンのせいではないのですが、Android5では完璧だったのですが、調子に乗ってandroid6にアップグレードしたところ、不穏な動作が頻発するようになってしまいました。

もはや快適どころかまともに音楽が楽しめない。画面を消してしばらくするとぼそぼそと音が途切れてスローになったり、何の前触れもなくいきなり再生が止まったり。

アプリの優先度を上げてみたり機内モードにしてみたり他のアプリをすべて終了してみたり。でも効果が確認できない。

カメラと音楽がXperiaを使う上での大きなアドバンテージなのに一気に半分失った感じです。

面倒だけど後ろ向きだけどandroid5に戻すしかないかな。

~ その後 ~

8/1追記:

元に戻すためのまとまった時間が取れずにいるうちに気づいたことが。

先に書いた音がぼそぼそ途切れるのは、ハイレゾだけかも知れないことに気づいてしまった。

CDをリッピングした16bit 44.1KHzのflacファイルだとまったく問題なく再生できる。

MediaGoで作成した24bit 48KHzのflacファイルがだめなんですね。

それも画面表示を消したときだけ症状が出て、ニュースアプリを読んでたりwebサイトを見てたりしながら聴いているときは問題ない。

あと少しのところでだめな感じなんですよね~。

ということで、歩行中はしばらくCD音源縛りで聴きながらもう少し調べてみようかと思います。

8/10追記:

またまた気づいてしまったことが。

MediaGoで作成した24bit 48KHzのflacファイル、bluetooth経由で再生すると問題なく聴けることがわかりました。

Bluetooth FMトランスミッターやbluetoothイヤホンで聴くと大丈夫なんですね~。

ということで、android5に戻すという面倒で後ろ向きで時間のかかる荒療治は回避することにしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする