浴室換気扇リニューアル④



当初、この④では太陽光発電で換気扇を回しっぱなしにしてやろう、くらいの考えでした。

が、そこまで回さなくても浴室内の空気の入れ替えは5分程度である程度済んでしまいます。あとは壁や床の水滴の蒸発を待つ必要があるので、効率よく回す方向で再検討することにしました。

ソーラーパネルで回す実験もやってみると、5W程度のパネルでは回ってくれないので、10~20W程度のパネルが必要で、設置の問題も出てくることも勘案しての計画変更です。

・風呂に入ったあとだけ回す。
・夏場は入浴中にも回してもいいかも。
・換気扇自身がきっちり乾くまでは回したい。
・監視せず家族も手間なく使える。

こんな条件を満たすシステムはどんなものか。

やっと見つけました。

いつの間にこんないいものが出てたんだろう。

パナソニック電工 WTP-54816WP。

連続運転と30分までのタイマー運転が併用できるスイッチです。これなら誰でも普通にスイッチで操作できます。

いままではこれの旧タイプ、WT2052を使っていたんです。

スイッチを押すと最大5分までのタイマーが動き出すもので、最大でも短いし連続運転もできないので不満がありました。

目いっぱい回してある。
忘れてたけど照明スイッチはガタつきがあったので、両面テープでかさ上げしてあった。

今度のは30分までOK。
しかも連続→タイマーと、タイマーのみ、を切り換えられる。これは便利。

スイッチの文字も裏返して変えられる。

照明スイッチは消灯時に緑点灯。
換気扇スイッチは連続運転時に赤点灯、タイマー運転時は赤点滅となります。
実にわかりやすい。

スイッチプレートを取り着けて完成。

スイッチのタッチ感はコスモ21シリーズになって、より一層軽くなりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする