FUJITSUエアコンのリモコン修理



富士通ゼネラルのエアコン。AS22VHR-W。
新築時にあわせて購入。もう23年になります。

2階和室に設置、室外機は南西向きのベランダに設置していますので、リビングのエアコンほど使用頻度は高くないですが、真夏の暑さは半端ないし、安く買った割にはよく持っています。

まぁエネルギー効率の観点からすればいい加減買い換え時だとは思いますが。
でも設置費引取り込みで4万くらいするじゃないですか、安くても。
やっぱり本体が壊れないとなかなか買い換えようという気にならないです。

実はバブルがはじけたことにまだ世の中が気づいてなかった頃の製品ですから、安くても意外と作りはしっかりしていたようです。じゃぱんあずなんばーわんですな。

15年目くらいの時、リモコンの動作がおかしくなって修理したことがありました。
電源ON/OFFはできるけど、温度調節が効いたり効かなかったり、そのうち冷房なんだか暖房なんだかわからなくなったりしてきたんですね。本体か?とも思える症状ですよね。

リモコンを開けてみると、3つあるスライドスイッチのうち2つから金属板が脱落していただけでした。

この金属板が基板に設けられたランド上をスライドすることによってショートする位置が変わり、LSIで検出して温度や風量、冷暖ドライの切り替えをするわけですが、プラスチックのスイッチレバーと金属板はボンドというか糊のようなものでうっすらと貼ってあっただけなもんだから、数年ではがれる設計だったと言えます。富士通タイマーか!

もっとも15年のタイマーだったらいいほうですかね。。

おそらく多くのご家庭で同じことになっているでしょうから、いまさらですがこの記事がお役に立つ人がいればと思いました。もういないか。

さらに、何度か電池が液漏れしていて、18年目ごろには端子が腐食して折れてしまったため修復したこともありました。

このときは100均で買ってきたライトから電池端子を移植して延命に成功しています。

それからはや5年。本体は幸か不幸かいまだ健在です。
リモコンも2度の手術を乗り越えて健在です。スイッチ部の蓋はとうの昔に消え去ってますけど。

8年前に買い換えていたら電気代で4万円、元が取れていたのだろうか?
買い換えたエアコンは果たして8年もっただろうか?

考え出すと夜も眠れなくなるので、素直に長寿を祝うことにしましょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする