電気ケトルの修理



近ごろ電気ケトルを台座に置いても通電しにくくなってきてストレスがたまるので修理しました。

当初は端子の接触不良だろうと踏んでいましたが、電源コードが台座付近でねじれ、半断線していることが原因でした。

そもそも取っ手の側に電源コードが出ている設計が問題の根本にあります。

ということで、半断線部分をカットしてコードの出口も変更しようと思います。

まずは台座を分解。ネジ4本で簡単にはずれます。

コード止めのネジを3本はずします。

このあとコードをカットして端子に半田付けしなおしましたが、作業に没頭して画像なし。銅の端子が熱くなるので集中してしまいました。ついでに端子を磨いておきます。

コードの向きを変更。

コードの出口を削って・・

完了。

置けばさっと通電するし電源コードの取り回しもスッキリしていい感じ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする